税務調査を乗り切るために

###Site Name###

税務調査とは、所得を明らかにし、納めるべき税金を申告したことが正しいかどうかを、国税局の職員が調査することです。
サラリーマンにとって、確定申告する機会はそうそうあるものではなく、たいていの場合、住宅取得特別控除の申告と医療費控除の申告手続きを行うために確定申告を行います。



確定申告会場には、必ず税務署の職員や税理士会の税理士が、記入の仕方を懇切丁寧に教えてくれありがたいのですが、何か不透明な記載内容があると、場合によっては税務調査を行いますよと婉曲な脅し文句を聴かされます。

よくある例は、住宅取得特別控除の場合、ローン残額に対し所得税が還付される仕組みとなっているのですが、年齢よりもローン残高が少ないと頭金をどうやって貯めたのですかと聞かれます。

ある程度勤めている期間が長ければ少しずつ貯えましたと答えられますが、しどろもどろとなり、税務調査によって、実は両親からの贈与であったことがばれてしまうと贈与額の20から30%分を贈与税として納めなければならなくなります。

それだけ税務調査というのは怖いのです。また、共働きで夫婦共有名義で住宅取得特別控除のために確定申告すると、夫婦の持分について聞かれることがあります。


普通は妻と夫との関係から財産も1:1と考え、持分率50%と答えがちですが、夫婦間の所得にはどうしても男女差の収入格差が生じるので、持分率を変えないと夫婦間で贈与がなされたとみなされ贈与税がかかることもあります。それだけ税務調査というものは権限も強く、ない腹を探られるような怖い調査なのです。



それでは実際に税務調査に入られないようにするにはどうするかですが、これこそ正直になって、ありのままに事実を申告するのが何よりの対処方法です。

税務署の職員だって人間です。


人間は感情の動物ですから、正直で素直な人間の申告したことは素直に受け止めますので、そのような方々の税務調査はありえません。



申告の際はおどおど、びくびくしないこと。

これが一番の方法でだと自信を持って答えます。